忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/25 13:29 】 |
パタゴニア

アウトドア系ブランドの服は、山や過酷な状況にも耐えられるようにデザインや機能がしっかりしたものが多いですよね。

私が愛用しているパタゴニアは、極寒の地でも耐えられるように生地も耐風性や耐水性の優れたものを使用していますし、

普段の日でも特に寒い日などには重宝しています。

デザインはいかにもと言う物でも無いので、良いですよね。

私は色々なブランドを愛用してるんですがパタゴニアは特に良く登場するブランドですよ。

パタゴニアについて

ナチュラム[naturum] アウトドア&フィッシング用品30万点取り揃え!

インショップ〇一流ブランドのアウトドア用品を豊富に品揃え〇アウトドアーズvic2〇アウトドア、キャンプを最大限に楽しくする品いっぱい〇アウトドアーズ・コンパス〇パタゴニアノースフェイスなど、アウトドア...

【引用】http://osusumenosusume.blog57.fc2.com/blog-entry-16459.html

チリの大統領がやってきた!そして、ポールはパタゴニア特派員に!

パタゴニアの長くて冷たい冬も終わり、めっきり暖かく、春らしくなってきました!そんなある日、私たちの村、年々か前までは、ガイドブックにも載っていなかった、ラフンタ村に、チリの大統領がやってきました。

【引用】http://blogs.yahoo.co.jp/earthdaywalk/62842658.html

パタゴニア メンズ ストーム ジャケット patagonia MEN'S STORM JACKET 3色展開 ptg-84997

パタゴニア メンズ ストーム ジャケット patagonia MEN'S STORM JACKET 3色展開 ptg-84997 1957年に誕生し、現在ではアウトドアブランドとし...

【引用】http://blogs.yahoo.co.jp/hitopon1114/28635989.html

PR
【2011/10/12 14:37 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
バックパック

バックパックで有名なカリマーというブランドは1946年、チャールズ&メアリーのパーソン夫婦によって誕生したブランドです。

元々はサイクルバックとして出来たのですが、その機能性や耐久性の良さから、サイクリング用だけでなく

登山家の間でも人気のバッグとなりました。

多くの登山家の意見を取り入れて1957年にリュックサックの分野が出来上がり今の形の進化して行きました。

グレゴリーと言うバッグも有名なアウトドアバッグです。

グレゴリーバッグの発祥は1977年、ウエイン・グレゴリー氏によりアメリカで産まれました。

グレゴリー氏は幼少期の頃、ボーイスカウトに所属しており10代の頃、

自分でトートバッグを製作したことをきっかけに

バッグ作りに没頭するようになりました。

バッグバックの製造工程を学ぶ為に自らバッグ製造工場に通い今のバッグの形を作り上げたと言われています。

グレゴリーはバッグを背負うのではなく、着るパックとしている程そのデザイン性を重視して製造していると言われています。

私はミレーというバッグパックを愛用しています。

ミレーは1921年クロスカンパニーを営んでいたマーク・ミレーは軍事用のハバーバックからハイキング用のバッグ、

手提げバッグなど幅広く手掛けていた職人により産まれました。

1934年にフレーム付きのバックパックが誕生。

その後両親から兄弟に会社が引き継がれます。

ミレーは1950年にフランス登山隊に所属し初めてヒマラヤ山脈の中央、8,091mの登頂成功に導いた人とされています。

ミレー購入時に迷ったグラナイトギアというアウトドアブランドもあります。

グラナイトギアは、1986年ミネソタ州、ジェフ・ナイトとダン・クルークシャンクによって創設された20年以上も歴史があるメーカーです。

グラナイトギアは、斬新のデザインでこれからアウトドアを始めようと言う人、またアウトドアにはまっている人にも

エンジョイしながら長い期間愛用してもらえるようなデザインと機能性になってきます。

バックパックについて

Sun, Oct 09, 2011

22:29この情報が正しいという前提のもとだが... QT 妹はVIPPER / 台湾のおにゃのこがエロかわいい件 http://t.co/Mhnzj76J via @vips...

【引用】http://pnk.seesaa.net/article/229836404.html

BUZZ RICKSONS(バズリクソンズ)&PORTER(ポーター) デイパック

今日は東洋エンタープライズからでてるバックパック。

【引用】http://amecasigarlish.seesaa.net/article/229832374.html

【中編②】ミャンマー旅行記 -栗田の3日目-

【3日目 マンダレー~パガン】ミャンマー随一の観光名所、パガン遺跡に向かうためまだ暗い朝5時にホテルを出る。

【引用】http://otokita.seesaa.net/article/229828714.html

続々、奥多摩にて

バックパックの肩にかかる重さも何だか気持ちがいい。

【引用】http://blog.livedoor.jp/sakasa9/archives/51903128.html

【2011/10/11 13:51 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
スノーシューが欲しい
スノーシューは散歩用と登山用があります。
スノーシューを販売する主なメーカーはmsr スノーシューTSL スノーシューATLAS スノーシューなどがあります。

スノーシューを選ぶ時のポイントとしては、自分の体重重量に合った物を選ぶ、用途を正確に把握して選ぶ、自分に靴に合うビンディングを選ぶなどがあります。

当日荷物が重いのでと、少し大きめのスノーシューを選ぼうとする人がいますが、散策程度なら標準のものが良いです。
一つ大きめのスノーシューを選ぶとそれだけ重みも増すことになるので歩きにくかったりするからです。

私はmsr スノーシューをオススメします。
【2011/09/29 15:07 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
ゴーライトは使いやすい

アウトドアを頻繁にする人はテントは数個持っていることでしょう。

私は最近ゴーライトのテントを購入しました。

その中でも、ゴーライト シャングリラを購入しました。

今まで一人でキャンプをすることが多かったのですが、

あるきっかけでアウトドアサークルに加入しました。

そこで知り合ったメンバーと数ヶ月に1回キャンプに行くのですが

彼が仲間を連れてゴーライト シャングリラ5でテントをはります。

私も先日参加したキャンプで設営を手伝ったのですが

本当に簡単に組み立てることが出来て感動しました

シャングリラ5は私には必要ないかな、と思ったので

ゴーライト シャングリラ3を購入しました。

ゴーライトについて

ゴーライト シャングリラ3 フロア (GOLITE Shangri-La 3 Floor)

購入について 迷いましたが 購入して正解かな??笑これからは 地べたスタイルもいい感じです。540グラム・・山には無理だな。。。爆

【引用】http://toman.naturum.ne.jp/e1281894.html

【2011/09/21 10:06 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
テントはヒルバーグが良い
登山を始めて数年が経ちますが、何個かあるテントの中で一番使いやすいものはヒルバーグのように思えます。

山は地上と違い天候が変わりやすく、気温の変化も急に起こるため常に服装や装備には気をつけなければいけません。
特に風の吹き方はきつく、風速1mで体感気温が1℃も下がるので休憩の時にテントの中に雨風が入っていては体力の回復につながりません。

ヒルバーグのテントは、完全防水で軽量化されているのでどんなに強風がふいても吹雪いてもしっかり居住性をキープしてくれます。

雪山でグローブを脱がなくても組立られるようなヒルバーグ ウナヒルバーグ アラックヒルバーグ ソウロヒルバーグ ウナのように自立式テントは素早く組み立てるには必要ですね
は組立に慣れてないような人でも簡単に素早く作業が進みます。


この前は一人で雪登山に行きましたが、その時は、ヒルバーグ アクトのダブルウォールテントでしっかり休憩取れました。

子どもとキャンプに行く時はコンパクトにまとめられるヒルバーグ タープが大活躍しますよ。
【2011/09/09 10:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>